商店街のくじ引きで圧力鍋が当たりました。

商店街のくじで当たってうれしかったもの
商店街のくじで当たってうれしかったもの

商店街のくじ引きで圧力鍋が当たりました

★ 35歳 : 女性の話
商店街のくじ引きで圧力鍋が当たりました。
圧力鍋は欲しかったのですが、圧力がかかる時の音とかがちょっと怖いので、なかなか購入する踏切りがつかないままでいました。
当時は値段も結構高かったので、商店街のくじ引きで圧力鍋が当たった時は本当に嬉しかったです。

圧力鍋が当たったくじ引きは、実家の近くにある商店街でした。
その商店街は今でこそ寂れていますが、私が子供のころは活気があったものです。
回数は覚えてはいませんが、一年に数回、くじ引きがありました。
1000円で一枚貰える券、5枚で一回くじ引きが出来るものでした。

ガラガラと回すと、中から出てくる玉の色によって景品が異なり、特賞ともなると温泉宿泊券が貰えたので、当たったら祖母にあげようと思っていました。
祖母は、くじ引きをとても楽しみにしていた私に商店街のくじ引きをさせてやろうと思ってくれていたようでした。
白玉はたしかポケットティッシュペーパーでしたから、大したくじ引きでもなかったように思うのですが、何十年も使っているその圧力鍋はいまでも活躍していて、私の料理のレパートリーを増やしてくれています。

Copyright (C)2017商店街のくじで当たってうれしかったもの.All rights reserved.