年末など商店街に行くと、商店会の方々がイベントを企画している事があります。

商店街のくじで当たってうれしかったもの
商店街のくじで当たってうれしかったもの

年末など商店街に行くと

★ 40歳 : 男性の話
年末など商店街に行くと、商店会の方々がイベントを企画している事があります。大抵が一定金額を買うと、抽選券を貰えて抽選器を回せるという恒例のイベントです。
子供の頃はあの抽選器をガラガラ回すのが大好きでした。
今でも好きですけどね。
そんな商店街のくじで当たってうれしかったものといえば、ビデオデッキです。
私の子供の時なのでVHSのビデオデッキです。
これは3等くらいの景品でした。
大当たりの鐘をガラガラと鳴らされ、嬉しいのと少し恥ずかしいのとで微妙な気分になった思い出があります。
このビデオデッキの景品は凄く嬉しかったのですが、このビデオデッキはそもそも再生専用機で、しかもどこのメーカーのものとも解らぬ代物でした。

しかしクジ運の無い私が当てた、そこそこの値段はするであろうという電化製品だったので、たとえ三流品だろうと嬉しい事は確かでした。

この再生専用のビデオデッキ以降も幾度と無く抽選器を回す機会はありましたが、たいていはポケットティッシュであるとか、サランラップであるとか、商店街で使える50円割引券などでした。
再生専用のビデオデッキを越える景品が当たる事は無かったです。

景品の大小に限らず、クジを回すワクワク感のほか何かを頂けるだけでも嬉しいものですが、やはり鐘をカランカランと鳴らされるくらいのものが当たると、とても嬉しい記憶として心に深く刻み込まれるものです。
それが再生専用のビデオデッキだとしても。今で考えるとブルーレイの再生専用機になるでしょうね。

Copyright (C)2017商店街のくじで当たってうれしかったもの.All rights reserved.