我家は家族全員くじ運がありません。

商店街のくじで当たってうれしかったもの
商店街のくじで当たってうれしかったもの

我家は家族全員くじ運がありません

★ 58歳 : 女性の話
我家は家族全員くじ運がありません。今まで本当に数えるほどしか懸賞にもあたったことがなく、商店街などのガラガラポンでもいつもハズレです。
空クジなしならティッシュ程度はもらえますが、「残念でした」と笑顔で見送られることもよくあり、慣れています。商店街で買い物をして歳末セールの抽選券はもらっても、そんな調子で期待することもなく引いているのです。

ところが去年のクリスマスだけは違っていました。
商店街でクリスマスの買い物を色々した時、抽選券を何枚かもらいました。
いつものように期待せず三角くじを引いたのですが、何と1等があたったのです。
特等は温泉旅行、1等はイタリアンギフトセットというものでした。
「おめでとうございます!」と渡されたのが大きな紙袋で、ずっしり重いのです。
何が入っているのかわからないまま持ち帰ることになったのですが、かなり苦労しました。
娘と二人ですでにローストチキンやクリスマス用のケーキ、サラダ用の野菜などそれぞれが両手に荷物を持っていたので、最後のくじでまさかこんな大きな重いものが当たるなんて、嬉しい反面ちょっと戸惑いました。

帰宅してすぐに二人で何がこんなに重いのかと包みを開けると、イタリア食材のセットでした。
パスタ、パスタソース、オリーブオイル、ドレッシング、ドライトマトやアンチョビの瓶詰めなどぎっしりです。
なるほどと納得し、その後はすぐにホームパーティー用にそれらを使っておつまみを作りました。
大変だったけれど、クリスマスにはぴったりのプレゼントをいただいたことに家族全員で喜び合いました。
くじ運の悪い私たちへの神様からのクリスマスプレゼントだったのでしょう。

Copyright (C)2017商店街のくじで当たってうれしかったもの.All rights reserved.