子供の頃、地元の商店街でくじを引く機会がありました。

商店街のくじで当たってうれしかったもの
商店街のくじで当たってうれしかったもの

子供の頃、地元の商店街でくじを引く機会がありました

★ 36歳 : 男性の話
子供の頃、地元の商店街でくじを引く機会がありました。
スーパーなどで商品を買い、金額に応じてくじをもらえました。
それを数枚集めると、くじが引けるようになります。親が買い物で集めたくじを子供の私にくれて引かせてくれました。

子供の時にほしい物といえば、おもちゃです。
大人が喜ぶような物ではなく、おもちゃが当たってほしいと願っていました。

しかし当たったのはテレビです。
テレビは子供にも高価な物だということがわかります。何等だったのか覚えていませんが、周りの人が驚き、くじを引かせてくれる大人の人がとても大きなリアクションを取って驚いていました。

周りが大騒ぎしており、注目されていることがうれしかったです。
一番喜んでいたのは親でした。
親がすごいと言ってほめてくれたので、とてもうれしかったです。
親が持ち帰るのが大変だと言っていました。
昔のブラウン管テレビは、今の薄型と違って大きいので、持ちにくく重たい印象です。
子供の頃は親にほめられることがとてもうれしく、家に帰った後も、数日間ほめてもらえてうれしかったです。

Copyright (C)2017商店街のくじで当たってうれしかったもの.All rights reserved.