小学生の頃に夏祭りがあって、商店街でくじ引きをやっていました。

商店街のくじで当たってうれしかったもの
商店街のくじで当たってうれしかったもの

小学生の頃に夏祭りがあって、商店街でくじ引きをやっていました

★ 40歳 : 男性の話
小学生の頃に夏祭りがあって、商店街でくじ引きをやっていました。
確か1回100円だったと思います。ナイロンヒモを選んで、その先につながっている商品がもらえるようになっていました。

1回目、2回目ともに選んだナイロンヒモの先には何もなくて、3回目のヒモを選びました。
そこで当たったのは何と扇風機!それもペンギン型のものでした。
確か一等賞だったとおもいます。ペンギンのお腹のところがファンになっていて、水色でかわいいものでした。
風量の調節も可能でなかなかの涼しさでしたね。子供心にかなり嬉しかったのを覚えています。しばらく、夏になると使っていましたが、やがて壊れてしまったので捨てたと思います。
他にもくじ引きで鍋が当たったことがありました。
わりと大きめの鍋だったので、母親が料理に使ってましたね。最近はくじ引きの機会がほとんどないので、何が当たるかドキドキすることもないです。
ちょっとしたものでも当たると何故か嬉しくなりますね。

Copyright (C)2017商店街のくじで当たってうれしかったもの.All rights reserved.